トレー付き水切りラックなら、シンクが作業台になる

作業スペースが狭くてまな板もろくに置けない!そんな時は、シンクを作業スペースに変身させることができます。シンクに設置するタイプの水切りラックは数多くありますが、トレー付きの物を選べば水切りラックの上をフラットにすることができるので、まな板を置いて調理スペースとして利用することができるのです。トレーを外せば普通の水切りラックとして使うことが出来る、一人二役の便利な道具です。

お玉とお鍋の蓋を、ひとつのスタンドに

調理中のお玉や菜箸、お鍋の蓋って置き場所に困りますよね。まだ使うのでシンクには入れられないし、かと言って調理スペースに置くと場所をとって作業がし辛くなります。それぞれスタンドに立てるのもいいけれど、どうせ立てるならふたつを一緒に立てられるスタンドを選ぶとその分スペースが広く使えます。デザインも可愛い物からスタイリッシュな物までいろんな種類があり、選ぶ時間も楽しそうです。

ポリ袋スタンドがあれば、三角コーナーは要らない

シンクの中で割と存在感を主張する三角コーナー。場所を取るし、水切りネットなどのランニングコストもかかるし、定期的に清掃も必要です。三角コーナーに代わる物としてポリ袋スタンドがあれば、スーパーでお肉やお魚を買った時に使う薄いポリ袋で簡易的なゴミ箱ができますし、ペットボトルやカップを乾かすスタンドとしても使えます。使わない時には折りたたんで収納できるタイプもありますので、キッチンがすっきり片付きます。
今は便利な道具もたくさんありますが、散らかっていると作業効率は落ちてしまいます。毎日使うキッチンですので、数あるキッチン雑貨の中から本当に必要な物を厳選して、楽しいキッチンタイムを過ごしたいですね。

キッチン雑貨にはどのようなものがあるのかご存知でしょうか。料理をする際に助けとなるものや、おしゃれなお皿など、非常に多くの種類があります。日々の生活に彩りを与える雑貨なのです。