腕時計の必要性はどこにある

時間を知るという行為で言えば、誰もが携帯電話やスマホを持ち歩くようになった今、腕時計はほとんど価値のないものになってしまいました。しかし、時計の持つ芸術性やステイタス、ファッション性に引かれ、いまでも愛好家はたくさんいます。そうした魅力が腕時計にはあるのです。

どうなっているのか腕時計

腕時計初心者なら、まず腕時計がムーブメントの違いで、電池で動くクオーツとゼンマイで動く機械式があるということを知っておいてください。
クオーツ時計は電池と電子回路で動きます。製造は日本とスイスのメーカーしかありません。大量生産で価格は安く精度は非常に高いですが、10年ほどの耐久性しかありません。
電波時計やソーラー時計の開発も進められています。
機械式は数百年の歴史を持つ従来からある腕時計です。機械式には自動巻き式と手巻き式があり、さらに自動巻き+手巻き式があります。手巻き式のゼンマイは2日ぐらいしか持続しません。
繊細な機械ですので取扱には注意が必要です。価格が高く、部品の摩耗もあり3年から5年ほどでのオーバーホールが必要なので費用はかかりますが、数十年の耐久性があります。

クオーツ式と機械式それぞれの魅力

クオーツ式と機械式ではその精度はまるで違います。クオーツ式は月差±20秒の誤差ですが、機械式では日差±10秒です。
実用性ならクオーツ式ですが、求められる芸術性やファッションは機械式にあります。
価格の幅も広く、さまざまなデザイン性を持った腕時計は、自分に似合いの作品を見つけ出すことができます。
時間を知る道具というより、愛着のある宝石のようなアクセサリーとしての魅力に多くの人が惹きつけられるのです。

1860年にイタリアのフィレンツェで設立された高級腕時計ブランドのオフィチーネ パネライは、クロノメーター、温度計、湿度計、気圧計などを生産販売する精密機器メーカーです。