渋みある機械式時計を知る

時計を購入するときに仕様を知っておくと便利です。一般的に機械式とクォーツと呼ばれるものがあるのですが。これは構造が違っています。前者はゼンマイで巻く昔ながらのスタイルで2日もすれば止まってしまうのが特徴です。基本的に機械式時計は高級腕時計によく使われているもので50万円以上の時計になるとほとんど機械式ばかりとなっています。
歴史はかなり古く数百年も前から存在していたもので始めは置き時計から始まっている商品です。精度や耐久性はクォーツに劣りますが高級感のある見た目が魅力と言えます。メンテナンスは定期的に行うと末永く保つ事ができるので時計屋を利用するといいでしょう。では、クォーツとはどのようなものなのでしょうか。

クォーツは自動巻で使いやすい

現在安い時計に使われているのがクォーツと呼ばれる構造です。電池と電子回路を利用して動くものでハリが1秒毎に進むのが特徴となっています。クォーツムーブメントを製造している国は意外と少なく日本やドイツ、中国くらいです。工場で大量生産できるので一個あたりの原価もかなり安く、安価な金額で購入できます。機械式よりも耐久性があるので長く使えるのが魅力です。
自分でゼンマイを巻く必要がないので普段使いには適しているといえます。比較的入手もしやすく腕時計初心者の方にもおすすめです。高級時計には一部でクォーツを使っているものもあります。
クォーツと機械式はどちらが良いという優劣はないので好みで時計を選ぶといいでしょう。

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)とは、スイスの時計メーカーで、質実剛健な腕時計を販売する、人気ブランドメーカーです。日本では古くから「インター」と呼ばれ、愛用者の多い時計です。