デジタル派の保存方法

フィルムカメラからデジカメへ。そして今の主流はスマホでの撮影です。
フィルムカメラ時代には何とも思わなかったフィルムをカメラ屋さんに出すという行動。
その後はいそいそと思い出に浸りながら、アルバムに貼る作業。今はあまりしないと思います。
スマホで撮影。その後確認、そして保存。とても便利です。友人たちともその場でシェアできます。
何よりアルバムの数が増加し続けません。次に写真を貼る時間も不要です。
これは非常に効率的です。しかもアルバムを引っ張り出してこなくても、自分が常に携帯している電子機器(タブレット等)に入れておけば、いつでも見れるという利点があります。

アナログ派の保存方法

電子機器(タブレット等)の取り扱いが苦手な方の場合は、データ保存の後が大変かもしれません。
データを出してこなければならないからです。
もちろん従来通りアルバムに貼って、楽しむのもアリです。
他にはお手軽な「フォトブック」という存在があります。インターネットで発注できますし、お店でも作ってもらえます。そうすれば自分の好きな写真を選択し、1冊の本としていつでも見られます。
しかも思ったよりも低価格です。
でももっと時間をかけて、心をこめて保存したい場合は、「手作りアルバム」があります。
自分でマスキングテープを貼ったり、プチプラショップでお気に入りのグッズを使って作れます。
きっと思い出が詰まったすてきなアルバムになること請け合いです。
時間と気持ちと相談ですが、どっちも選びづらいのが実情なのかもしれません。

フォトブックとは写真集のことであり結婚式や旅行の思い出、また子供の成長記録など様々な場面を記録媒体に残したままにせず一冊のアルバムとして制作し残すことをいいます。